タイヤのローテーションやブレーキをいじるときにタイヤを脱着した際は、必ずサスアームの点検をするようにしている。ショックのオイル漏れがないか、各関節部分やブッシュの状態が良好か。目視チェックながらも効果的で、トラブルの予兆を掴むことができることから、今ではすっかり習慣化している。さて、タイヤを外してブレーキを点検、最後のサスアームのチェック中に、不具合の前兆を発見することになった。フロントナックルのボールジョイントを覆うブーツにひびが入っていた。

ひび割れしたロアボールジョイントブーツ

18年24万キロオーバーで、ロアボールジョイントブーツのひび割れは初めての出来事。しかも幸いなことに、表面のひび割れの段階で発見することができた。このまま放置して破れてしまうと、中のグリスが流出、ボールジョイント本体の破損に繋がっていくし、そもそも車検に通らない。重大なトラブルが起きる前に、ロアボールジョイントブーツを交換することになった。

使用部品
4.  51225-SR3-003  ブーツ,ロアーボールダスト  1780円@890円  2個  
8.  52338-SL0-003  サークリップ,コントロールアーム  470円@235円  2個  
   その他  ショートパーツ(グリス、割りピン類)  500円    

ジャッキアップならともかく、ボールジョイントリムーバーなる専用工具は持っておらず、新旧グリスの入れ替えやブーツ内のエア抜きのノウハウといった付帯作業が意外と多く、プロへ交換作業を依頼した。

交換されたロアボールジョイントブーツ

交換されたボールジョイントブーツをチェックすると、しっかりとした柔軟性を持ち合わせていた。この後、クラウンナットを締め込んでロアアームとナックルを接続し、タイヤを取り付ければ作業完了となる。今回、ひび割れを発見するまでの経過年数を考えれば、次の交換タイミングは当面訪れることはないはず?

プロの手による作業は、一時間も掛からず終了した。本格的な不具合が出る前に問題を解決したことで、安心して走り回ることができそう。作業時においては「○○があまり良くないですねー」という、それまで分からなかった不具合が発見されることがよくあったが、今回は特に気になるような点は見つからず、車全体の具合は非常に良いようだ。

走行距離:242,878km

部品代合計:2,750円
交換工賃:9,500円

消費税:980円

総費用:13,230円